抗うつ剤で元気を取り戻せ!【うつ病を討つために】

薬

元気を取り戻すために

男女

抗うつ剤は、うつ病以外の病気にも効果があります。うつ病以外の病気で言えば、パニック障害や強迫性障害、社会不安障害などが挙げられます。また、抑うつ状態にも効果があるとされています。薬の種類によっては、こどもがなりやすい夜尿症の治療薬として使用されることもあります。抗うつ剤はこれらの病気や症状に高い効果を発揮しますが、特に問題を抱えていない方が使用すると、興奮状態に陥る可能性があります。使用する際は十分注意しましょう。もちろん、現在うつ病やパニック障害といった病気に悩んでいる人にとっては、症状の改善を図ることができる大変有効的なアイテムとなります。現在は通販で取り寄せることも可能なので、商品の説明書きや口コミを参考にしながら自分に合った商品を探しましょう。

抗うつ剤は、脳内環境の調整をするという目的の下で使用します。うつ病は、心の弱い人だけがかかる病気ではありません。原因を大きな意味で捉えると、病的なレベルの気持ちの落ち込みだと言えますが、直接的な原因はバランスを崩した脳内環境だと言えます。この脳内環境を下に戻すために使うのが抗うつ剤なのです。具体的に言うと、抗うつ剤は脳内の神経伝達系に働きかける役割を果たしてくれます。症状の改善が見られるまでの期間は人によって異なりますが、1~2週間ぐらいだと考えてよいでしょう。抗うつ剤は薬の一種なので、用法や容量をきっちり守る必要があります。抗うつ剤にはいくつもの種類があるので、それぞれに記載されてある説明書きをしっかり読んだ上で服用するようにしましょう。

服用時の注意点

男性

抗うつ剤による効果は、人によって現れるまでの期間が異なります。服用を辞めるタイミングを誤ってしまうと、悪化させてしまったり、長引かせてしまう恐れもあります。また、一部の人は抗うつ剤を飲むと症状が悪化してしまうこともあります。

Read More...

種類別の効果や副作用

男女

抗うつ剤は大きく分けて4つの種類に分かれます。現在のところ、処方してもらえる場所は精神科、心療内科、通販サイトとなっています。抗うつ剤の中でもとりわけ有名で信頼性の高いものがSSRI というタイプです。

Read More...

更年期障害を改善する

男性

抗うつ剤には中症、もしくは重症の更年期障害にも効果があるといわれています。そのため、更年期障害の症状によってはホルモン補充療法よりも抗うつ剤治療のほうが効果があるのです。その際、副作用や飲み方に注意しましょう。

Read More...